メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相、政策論争避け

2012年自民党総裁選後の主な出来事

 自民党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)は安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による一騎打ちの構図が固まった。連続3選を目指す首相は現職の強みを生かし、5年8カ月の政権運営の実績を中心に訴える構え。一方で陣営は石破氏が求める政策テーマ別の討論会には消極的だ。党内の主要派閥から支持され国会議員票で優位に立つ首相だが、戦術は必ずしも「横綱相撲」ではない。【村尾哲、野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです