メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相、政策論争避け

2012年自民党総裁選後の主な出来事

 自民党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)は安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による一騎打ちの構図が固まった。連続3選を目指す首相は現職の強みを生かし、5年8カ月の政権運営の実績を中心に訴える構え。一方で陣営は石破氏が求める政策テーマ別の討論会には消極的だ。党内の主要派閥から支持され国会議員票で優位に立つ首相だが、戦術は必ずしも「横綱相撲」ではない。【村尾哲、野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2258文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです