メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イデイン・中村晃一社長

現場のアイデアも重視

 サーバーではなく末端のデバイスでディープラーニング(深層学習)などの計算を実行するエッジコンピューティングという分野に取り組んでいるイデイン。その技術を応用し、安価なデバイスによるプラットフォームサービス「Actcast(アクトキャスト)」の運用も年内に始める予定だ。創業者の中村晃一社長に今後の展望について聞いた。【聞き手・井上志津】

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1218文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  3. 象牙市場「即時閉鎖を」 ワシントン条約の元事務局長が日本批判
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです