メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

介護、高齢者の性に向き合う

デイサービスの利用者を誘導する介護職員(右)=埼玉県川口市のいきいきらいふSPA川口WEST店で2018年8月1日、矢澤秀範撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 東京都内に本社を置く高齢者介護サービス事業者が施設にアダルトグッズを導入した。利用者から職員へのセクシュアルハラスメントが問題となり、国が対応に乗り出す中、「高齢者の性」に向き合う取り組みが業界に一石を投じている。

 ●アダルトグッズで

 入浴に特化したデイサービスを全国展開する介護事業者「いきいきらいふ」(東京都台東区)は今春から順次、各店舗で自慰行為用のアダルトグッズの販売を始めた。自宅に持ち帰り、自分で性欲を処理してもらう。職員は性的介助はしない。

 大画面のテレビを見て入浴を待つ高齢者たちが、何気ない会話に花を咲かせていた。ホテルのラウンジのよう…

この記事は有料記事です。

残り2166文字(全文2460文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです