特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 深浦康市九段-羽生善治竜王 第8局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

手将棋模様

 図の局面で羽生の考慮中に昼食休憩の時刻を迎えた。指し手21にして、すでに前例はない。一手一手に神経を使う手将棋模様となっている。

 図で[後]3三銀と上がれば、後手だけ飛車先交換の恩恵にあずかれそうだが、深浦は、その[後]3三銀を待っているフシがある。一例を示すと[後]3三銀に、[先]6六角[後]8二飛[先]3五歩[後]同歩[先]2四歩[後]同歩[先]4五桂(参考図)という急襲がある。以下[後]4四銀や[後]2二銀に[先]2四飛[後]2三歩[先]3四飛と進めば、たちどころに大技がかかる。

 羽生は再開後も考え続け、42分を費やして[後]7四歩と突いた。先手期待の[先]6六角には[後]7五歩とさらに前進。[先]同角と取らせて[後]5四飛と横へ使った。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文649文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集