メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 深浦康市九段-羽生善治竜王 第8局の2

手将棋模様

 図の局面で羽生の考慮中に昼食休憩の時刻を迎えた。指し手21にして、すでに前例はない。一手一手に神経を使う手将棋模様となっている。

 図で[後]3三銀と上がれば、後手だけ飛車先交換の恩恵にあずかれそうだが、深浦は、その[後]3三銀を待っているフシがある。一例を示すと[後]3三銀に、[先]6六角[後]8二飛[先]3五歩[後]同歩[先]2四歩[後]同歩[先]4五桂(参考図)という急襲がある。以下[後]4四銀や[後]2二銀に[先]2四飛[後]2三歩[先]3四飛と進めば、たちどころに大技がかかる。

 羽生は再開後も考え続け、42分を費やして[後]7四歩と突いた。先手期待の[先]6六角には[後]7五…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです