メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産のゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反容疑
詩歌の森へ

俵万智の『牧水の恋』=酒井佐忠

 <白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ>。よく知られた若山牧水の初期代表歌。牧水といえば酒を愛し旅に暮れた放浪の歌人として知られている。だが、それにもまして熱情的な「恋の歌人」だった。その恋は哀しみと苦しみを生み、そのことによって名歌が誕生する。俵万智の新著『牧水の恋』(文芸春秋)は、「恋」に焦点をしぼった評伝。歌人ならではの目で新たな牧水の魅力が浮き彫りになる。

 やはり代表歌の、<けふもまたこころの鉦(かね)をうち鳴らしうち鳴らしつつあくがれて行く>や<幾山河…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  4. 流行語候補 おさらい「ご飯論法」って? 「パンは食べたが黙っておく」すりかえ答弁を可視化
  5. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです