メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

傷痍軍人佐賀療養所の思い出を語る鮎川節子さん=山口市の自宅で

「女の気持ち」ダイジェスト

 終戦の天皇陛下の御声を佐賀の傷痍(しょうい)軍人療養所で聞いた。ここの看護婦養成所の学生だった。少し前まで空襲と聞くと防空壕(ごう)に飛び込み、焼夷(しょうい)弾が落ちるのを見ていた。

 今夜も星が瞬き、戦争中と同じような美しい星空。でも焼夷弾は見えないし、流れ星もゆっくり観察できる。これも平和が続くお陰だ。<2017年8月28日西部本社版掲載「美しい星空」>

この記事は有料記事です。

残り1915文字(全文2109文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです