メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

傷痍軍人佐賀療養所の思い出を語る鮎川節子さん=山口市の自宅で

「女の気持ち」ダイジェスト

 終戦の天皇陛下の御声を佐賀の傷痍(しょうい)軍人療養所で聞いた。ここの看護婦養成所の学生だった。少し前まで空襲と聞くと防空壕(ごう)に飛び込み、焼夷(しょうい)弾が落ちるのを見ていた。

 今夜も星が瞬き、戦争中と同じような美しい星空。でも焼夷弾は見えないし、流れ星もゆっくり観察できる。これも平和が続くお陰だ。<2017年8月28日西部本社版掲載「美しい星空」>

この記事は有料記事です。

残り1915文字(全文2109文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです