メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニャメさん(左)は今、奥さん(右)と共に、別の少女(中央)を引き受け、同じように学校に通わせている

 西アフリカ、ガーナ共和国。日本が最も多くのカカオを輸入している国だ。ところが長らくカカオ畑での児童労働が問題となってきた。私たちがチョコレートを楽しむ背後に、炎天下で重労働に従事する子どもたちの存在があるかもしれないのだ。

 アシャンティ州の村のカカオ農家、クワナ・ニャメさん(54)は、たびたび子どもたちの人身取引の話を持ちかけられてきたという。「人身取引」というと闇の売買を思い浮かべることが多いが、ガーナでは親が子どもを労働力として親戚などに預け、経済的な負担を減らそうというケースが最も…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです