第63回全国高校軟式野球

上田西4強

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 26日、兵庫県の明石トーカロ、姫路・ウインク両球場で準々決勝4試合があった。大会2連覇を目指す中京学院大中京(東海・岐阜)は先発・佐伯が2試合連続完封し、慶応(南関東・神奈川)に快勝。河南(大阪)は昨年4強の篠山鳳鳴(兵庫)に完封勝ちした。上田西(北信越・長野)は広島新庄(西中国・広島)を降し、2年ぶりの準決勝進出。天理(近畿・奈良)は早稲田実(東京)に逆転勝ちし、優勝した2016年以来の4強入りを果たした。

 27日は休養日。28日に明石トーカロ球場で行われる準決勝は河南-上田西、中京学院大中京-天理の顔合わせ。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文593文字)

あわせて読みたい

注目の特集