ジャカルタ・アジア大会

陸上 女子マラソン 野上、粘って銀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2位でフィニッシュし日の丸を広げ、観客の声援に応える野上恵子=ジャカルタで2018年8月26日、宮間俊樹撮影
2位でフィニッシュし日の丸を広げ、観客の声援に応える野上恵子=ジャカルタで2018年8月26日、宮間俊樹撮影

 (第9日・記録は共同など)

 陸上の女子マラソンで、野上恵子(十八銀行)が2時間36分27秒で銀メダルを獲得した。昨年の世界選手権を制したローズ・チェリモ(バーレーン)が2時間34分51秒で優勝した。日本は前回の仁川(韓国)大会の木崎良子(ダイハツ)の銀に続き、2大会連続のメダルを獲得した。

 「粘り強さ」が身上の32歳のベテランが気温29度、湿度72%(フィニッシュ時)の厳しい条件で奮闘した。2020年東京五輪へ存在感を示し「目指してきたメダルを取ることができてほっとした」と満面の笑みだった。

 25キロ過ぎでチェリモのペースアップに気づくのが遅れて対応できず、引き離された。その時点で北朝鮮のキム・ヘソン、韓国の崔瓊善(チェ・ギョンソン)との三つどもえ。30キロの給水所ではサポート役を務めていた男子マラソンで金メダルの井上大仁(MHPS)から「後は気持ちです」と激励された。野上は「絶対にメダルを取る。自分で引っ張った方が走りやすい」と積極的に前を走った。38キロ付近で崔瓊善を振るい落とし…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文810文字)

あわせて読みたい

ニュース特集