メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

バドミントン 女子ダブルス タカマツ組、決勝へ

 (第9日)

 バドミントン女子ダブルス準決勝で2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が21-15、21-17で世界ランキング4位のポリー、ラハユ組(インドネシア)にストレート勝ちした。決勝では1970年の相沢マチ子、竹中悦子組以来、48年ぶりとなる優勝を目指す。

 後衛の高橋が強打で崩して前衛の松友が決める。インドネシアペアを応援する地元の大歓声に包まれながらも…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  4. トランプ氏大相撲へ 千秋楽で急須と湯飲みが使えなくなる?
  5. トランプ大統領来日、警備に頭悩ませる警視庁 ドローンだけでなく「座布団対策」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです