メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

バドミントン 女子ダブルス タカマツ組、決勝へ

 (第9日)

 バドミントン女子ダブルス準決勝で2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が21-15、21-17で世界ランキング4位のポリー、ラハユ組(インドネシア)にストレート勝ちした。決勝では1970年の相沢マチ子、竹中悦子組以来、48年ぶりとなる優勝を目指す。

 後衛の高橋が強打で崩して前衛の松友が決める。インドネシアペアを応援する地元の大歓声に包まれながらも自分たちのスタイルを貫いた。2ゲームとも中盤までは一進一退の展開だったが終盤に勝負強さを見せた。高橋は「スムーズに攻撃の場面がつくれた」と手応えを口にした。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. NY株、過去最高値を更新 ナスダック、SPも 米新政権の経済対策が後押し

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです