メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

バドミントン 女子シングルス準々決勝 奥原、世界1位に完敗

 (第9日)

 バドミントンの女子シングルス準々決勝で、昨年の世界選手権金メダルの奥原希望(日本ユニシス)が、世界ランキング1位の戴資穎(台湾)に15-21、10-21でストレート負けした。女子シングルスで1998年バンコク大会の米倉加奈子以来の優勝に届かなかった。

 第1ゲーム序盤から「団体戦と風が違った」と…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです