メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

バスケットボール ヘジャブ着けコート疾走

3人制バスケットボールで、ヘジャブをまとって試合に臨むイランの選手たち=ジャカルタで2018年8月24日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ武内彩】ジャカルタ・アジア大会からイスラム教徒の女性が髪を覆うヘジャブの着用がバスケットボールで初めて認められた。2020年東京五輪の新種目にも採用された3人制にはヘジャブを着けたイラン女子が出場。26日の準々決勝で中国に21-7で完敗したものの、選手は「やっと出られた」と満面の笑みだった。

 イランは24日の1次リーグC組第2戦でカザフスタンに18-12で大会初勝利。第3戦は不戦勝で2勝1敗で準々決勝へ進んでいた。キミヤ・ヤズディアン・テヘラニ選手(22)は「アジア大会でプレーできて最高の気分。4年前はヘジャブだと出ることもできなかったのに」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです