メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太地町

反捕鯨活動家が減少 イルカ漁9月1日解禁

臨時交番が設置された和歌山県太地町畠尻湾=2015年11月28日、本社ヘリから森園道子撮影

 「古式捕鯨」発祥の地とされ、イルカ漁を巡って妨害活動にさらされてきた和歌山県太地町で、来町する反捕鯨団体の活動家が減っている。ピークの2013年度には町内で200人が確認されたが、17年度は50人となり、地域は一見、平穏を取り戻しつつあるように見える。ただ、トラブルへの懸念は完全には払拭(ふっしょく)されておらず、9月1日の漁解禁を控え、県警や地元機関は警戒に本腰を入れる。【黒川晋史】

 反捕鯨団体の活動が活発化したのは、漁を隠し撮りした米映画「ザ・コーヴ」が2010年に上映されたのがきっかけだった。入り江に音でイルカを追い込む伝統漁法を批判的に描いた内容で論議を呼んだ。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです