メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太地町

反捕鯨活動家が減少 イルカ漁9月1日解禁

臨時交番が設置された和歌山県太地町畠尻湾=2015年11月28日、本社ヘリから森園道子撮影

 「古式捕鯨」発祥の地とされ、イルカ漁を巡って妨害活動にさらされてきた和歌山県太地町で、来町する反捕鯨団体の活動家が減っている。ピークの2013年度には町内で200人が確認されたが、17年度は50人となり、地域は一見、平穏を取り戻しつつあるように見える。ただ、トラブルへの懸念は完全には払拭(ふっしょく)されておらず、9月1日の漁解禁を控え、県警や地元機関は警戒に本腰を入れる。【黒川晋史】

 反捕鯨団体の活動が活発化したのは、漁を隠し撮りした米映画「ザ・コーヴ」が2010年に上映されたのが…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです