萬古焼

大人向けに擬人化 江戸の絵本、現代風に翻刻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
現代風に翻刻された「大江戸やき物語 翻刻 書雑春錦手」=安藤富代撮影
現代風に翻刻された「大江戸やき物語 翻刻 書雑春錦手」=安藤富代撮影

 三重県四日市市立博物館は、萬古焼など有名産地の焼き物を人物に見立てて面白おかしく描いた江戸時代の大人向け絵本「書雑春錦手(かきまぜてはるのにしきで)」(1788年刊行)を現代風に翻刻し、図録「大江戸やき物語 翻刻 書雑春錦手」(A4判、36ページ)として発行した。萬古焼の始祖、沼波弄山(ぬなみ・ろうざん)生誕300年を記念して企画した。

 同館は「江戸庶民の読み物に萬古焼が登場しているのは興味深い。焼き物の序列が読み取れ、当時から萬古焼が評価されていたことが分かる」としている。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文673文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集