メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラウドハンター

ひと狩りいこうぜ!獣害解消へ猟師募集

地図を見ながらワナの設置場所を決める農村住民と都会からの参加者=岐阜県郡上市で5月、猪鹿庁提供

 獣害に悩む農村と、狩猟に興味を持つ都市住民とを仲介し、協力して駆除を進めるためのサイト「クラウドハンター」が9月、本格稼働する。開設するのは岐阜県郡上市で里山保全事業に取り組む団体「猪鹿庁(いのしかちょう)」。今年5月の試行で手応えを得ており、全国展開を目指す。【沼田亮】

 サイトの名は「インターネット上の猟師」という意の造語。農村は高齢化し、イノシシや鹿などを駆除する人手が足りない。そこで、狩猟に関心のある人を募る。

 応募者は週末の2日間、獣害に悩む農村に滞在。獣道や餌場などを探し、地元の有資格者に伝えてワナを設置してもらう。近くを通る動物を撮る赤外線カメラも1台置き、参加者は帰宅後、スマートフォンに送られる画像で現場を監視できる。ワナにかかれば、駆除する資格を持つ地元住民らが捕獲し、精肉に処理をする。滞在から2週間後に集まり、全員でジビエ料理を楽しむ。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです