メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

バドミントン男子 西本が準決勝敗退 銅確定

 ジャカルタ・アジア大会は第10日の27日、バドミントンの男子シングルス準決勝があり、西本拳太(トナミ運輸)が世界ランキング15位のヨナタン・クリスティ(インドネシア)にフルゲームで敗れた。3位決定戦がないため、銅メダルが確定した。この種目では1970年バンコク大会の小島一平の銅メダル以来、48年ぶりのメダル獲得となった。

 熱戦の最終第3ゲーム終盤で、大舞台に慣れていない西本の精神面の弱さが出た。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文617文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです