群馬・太田市長

ヘリ墜落「自爆でお粗末」 翌日謝罪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
群馬県太田市の清水聖義市長
群馬県太田市の清水聖義市長

 群馬県太田市の清水聖義(まさよし)市長(76)が、市内で25日に開かれた防災訓練のあいさつで、消防隊員ら9人が死亡した県の防災ヘリコプター墜落事故について「自爆した。全くお粗末だ」などと発言したことが、市などへの取材で判明した。清水市長は26日、「初動対応の遅れなどで『お粗末』と思っていて、無意識に言葉に出たのかもしれない。事故に遭われた方々に関しての発言ではない」とコメントし、発言を謝罪した。

 市などによると、清水市長は市主催の防災訓練のあいさつで、今月10日に県の防災ヘリコプター「はるな」が同県中之条町の山中に墜落した事故に言及し、「防災をやるものが自分で自爆してしまった。全くお粗末だと思った」と述べたり、「乗っていた方にはお気の毒だった」などと発言したりしたという。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文554文字)

あわせて読みたい

注目の特集