メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬・太田市長

ヘリ墜落「自爆でお粗末」 翌日謝罪

群馬県太田市の清水聖義市長

 群馬県太田市の清水聖義(まさよし)市長(76)が、市内で25日に開かれた防災訓練のあいさつで、消防隊員ら9人が死亡した県の防災ヘリコプター墜落事故について「自爆した。全くお粗末だ」などと発言したことが、市などへの取材で判明した。清水市長は26日、「初動対応の遅れなどで『お粗末』と思っていて、無意識に言葉に出たのかもしれない。事故に遭われた方々に関しての発言ではない」とコメントし、発言を謝罪した。

 市などによると、清水市長は市主催の防災訓練のあいさつで、今月10日に県の防災ヘリコプター「はるな」…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです