メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

ヘジャブ着けコート疾走 バスケ・イラン女子

3人制バスケットボールで、ヘジャブをまとって試合に臨むイランの選手(左)=ジャカルタで2018年8月24日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ武内彩】ジャカルタ・アジア大会からイスラム教徒の女性が髪を覆うヘジャブの着用がバスケットボールで初めて認められた。2020年東京五輪の新種目にも採用された3人制にはヘジャブを着けたイラン女子が出場。26日の準々決勝で中国に21-7で完敗したものの、選手は「やっと出られた」と満面の笑みだった。

 イランは24日の1次リーグC組第2戦でカザフスタンに18-12で大会初勝利。第3戦は不戦勝で2勝1敗で準々決勝へ進んでいた。キミヤ・ヤズディアン・テヘラニ選手(22)は「アジア大会でプレーできて最高の気分。4年前はヘジャブだと出ることもできなかったのに」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです