アジア大会

ケンブリッジ敗退 100m準決勝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
陸上男子100メートル準決勝で3着でフィニッシュし、決勝進出を逃したケンブリッジ飛鳥=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月26日、徳野仁子撮影
陸上男子100メートル準決勝で3着でフィニッシュし、決勝進出を逃したケンブリッジ飛鳥=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月26日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第9日の26日、陸上の男子100メートル準決勝があり、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒36(追い風0.2メートル)で2組3着となり、敗退した。3組の山県亮太(セイコー)は10秒10(追い風0.9メートル)の1着で決勝に進んだ。

 ケンブリッジは今季の不振を象徴するように、持ち味の後半の爆発力が影を潜めた。アジアタイ記録の9秒91を今年6月に2度マークした同組1着の蘇炳添(中国)に0.2秒差をつけられた。

 昨年は不本意なシーズンだった。日本選手権は右太もも裏に違和感が出て3位。調子が戻らずに世界選手権は400メートルリレー決勝でメンバーから外された。今季へ向け、オフシーズンに約4カ月間、米国で武者修行し、五輪メダリストらが所属するチームで練習して、苦手のスタートの改良に取り組んだ。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文582文字)

あわせて読みたい

ニュース特集