メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

山県、悔しい銅 男子100m

 陸上の男子100メートル決勝で、山県亮太(セイコー)が10秒00(追い風0.8メートル)で銅メダルを獲得した。日本勢では2014年の仁川(韓国)大会の高瀬慧(富士通)の銅メダルに続く2大会連続のメダル獲得となった。蘇炳添(中国)が9秒92の大会記録で優勝した。

 大舞台で理想のレースは展開できた。スタートから低く飛び出し、中盤で加速する。しかし、二つ右のレーンを走る蘇炳添は終始、先を行き、背中には届かない。T・オグノデ(カタール)にも競り負け、自身が持つ日本歴代2位タイと同じタイムをたたき出したが3位に終わり、思わず両手を膝についた。「少し残念だが精いっぱいのレースができた。金メダルを狙っていたので悔しいけどメダルを取れたのでうれしい」と複雑な胸中を話した。

 前日の予選でT・オグノデにスタートからリードを許して先着されると、自ら映像を見返して一晩で修正した。大一番では低く鋭く飛び出す得意のスタートを見せた。理想は重圧のかかる状況でも常に同じ動きができる「再現性」。そのために日ごろから走りでもウエートトレーニングでも自分の映像を見てフォームを確認し、課題を修正する作業を繰り返している。培ってきた調整力が生きた。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです