メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

山県「銅」幻の9秒台 切り上げで10秒00

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第9日の26日、陸上の男子100メートル決勝があり、山県亮太(26)=セイコー=が10秒00(追い風0.8メートル)の自己記録に並ぶタイムで銅メダルを獲得した。2位のT・オグノデ(24)=カタール=は山県と同じ10秒00。着差判定のために通常は発表されない1000分の1秒まで公式記録に示され、測定値で山県は9秒997、T・オグノデは9秒995だったために3位となった。9秒92の大会新記録をマークした蘇炳添…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  4. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです