メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
アジア大会

山県「銅」幻の9秒台 切り上げで10秒00

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第9日の26日、陸上の男子100メートル決勝があり、山県亮太(26)=セイコー=が10秒00(追い風0.8メートル)の自己記録に並ぶタイムで銅メダルを獲得した。2位のT・オグノデ(24)=カタール=は山県と同じ10秒00。着差判定のために通常は発表されない1000分の1秒まで公式記録に示され、測定値で山県は9秒997、T・オグノデは9秒995だったために3位となった。9秒92の大会新記録をマークした蘇炳添…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです