メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

西村一幸の飛行記録(8) 70回目の広島原爆の日

毎日新聞社の取材ヘリ「きぼう」

 ヘリコプターは騒音が出る乗り物だ。自衛隊などが使用する軍用ヘリで100デシベル以上、周辺環境に考慮して設計された民間用ヘリでも60デシベル以上で、いずれも「人がうるさいと思う音」の基準を超えるレベルだ。航空取材でも騒音を出してしまうが、「なるべく音の影響を与えないこと」が要求される現場もある。

 2015年夏。それは戦後70年の節目の夏でもあった。西村は当時、大阪本社航空部に所属していた。8月6日の「広島原爆死没者慰霊式」とそれに続く「平和祈念式」(平和記念式典)を空から取材をする仕事が舞い込んだ。もちろん、地上からの取材も重要だが、祈りをささげる多くの人々と原爆ドーム、広島平和記念公園を1枚の写真に収めるためには、どうしても空からの取材が必要だ。

 一方、平和記念式典を主催する広島市からは、例年、取材要項として「式典中の午前7時40分から同9時15分までの航空取材は自粛してほしい」という要望がある。これは式典中の静粛性を保つためで、いわゆる「サイレントタイム」だ。

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです