メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

西村一幸の飛行記録(8) 70回目の広島原爆の日

毎日新聞社の取材ヘリ「きぼう」

 ヘリコプターは騒音が出る乗り物だ。自衛隊などが使用する軍用ヘリで100デシベル以上、周辺環境に考慮して設計された民間用ヘリでも60デシベル以上で、いずれも「人がうるさいと思う音」の基準を超えるレベルだ。航空取材でも騒音を出してしまうが、「なるべく音の影響を与えないこと」が要求される現場もある。

 2015年夏。それは戦後70年の節目の夏でもあった。西村は当時、大阪本社航空部に所属していた。8月6日の「広島原爆死没者慰霊式」とそれに続く「平和祈念式」(平和記念式典)を空から取材をする仕事が舞い込んだ。もちろん、地上からの取材も重要だが、祈りをささげる多くの人々と原爆ドーム、広島平和記念公園を1枚の写真に収めるためには、どうしても空からの取材が必要だ。

 一方、平和記念式典を主催する広島市からは、例年、取材要項として「式典中の午前7時40分から同9時1…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1665文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです