メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
2018自民党総裁選

この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… 東京大教授・本田由紀さん

本田由紀さん=東京都練馬区で2018年8月17日、和田大典撮影

能力偏重の発想、脱却を

 森の中でセミが鳴き続けている。ここは東京・練馬にある築150年の古民家。部屋では若者たちが討論している。東京大のゼミで教育社会学を研究する学部生と大学院生、約10人だ。

 「調査対象者の特徴に共通点と相違点が入り組んでいますから、項目を切り分けて整理する必要があります」

 中国人留学生の恋愛観を調査しようとしている学生に、指導教授の本田由紀さん(53)が助言した。このゼミでのテーマは自由。本田さんも学生が選んだテーマに基本的に「ダメ出し」をしない。多くの学生は「いい大学に入るため」の勉強に追われてきたが、自分の問題意識に基づいて追究する機会に恵まれてこなかったと思うからだ。

 自身もそうだったかもしれない。香川県で進学校の普通高校に通っていたが、選挙の仕組みや消費者にとって…

この記事は有料記事です。

残り2442文字(全文2792文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです