メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/241 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(76)

 よっさんが温泉でも浸(つ)かるように、頭のうえに絞った手拭いを載せていった。

「なんにしても、こうしてみんな助かった。タケシ坊ちゃんのお陰です。さっきの話覚えてやすでしょうね」

 なんの話だろうか。タケシは首をひねった。

「この戦争が終わったら、中古の編み機でも手に入れて、時田メリヤスを再興しやしょうって話でさ。社長も帰ってきなさるし、タケシ坊ちゃんもいる。うちの会社は当分安泰だ」

 千寿子もまんざらではない顔でうなずいた。建築家はあきらめて、町工場でもやるのもいいかもしれない。君代が口をはさんだ。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです