メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

チャン・ジュナン監督 一人一人が歴史の主人公 映画「1987、ある闘いの真実」公開

映画「1987、ある闘いの真実」のチャン・ジュナン監督=東京都渋谷区で2018年7月30日、小林祥晃撮影

 1987年、軍事政権下の韓国で、大学生の拷問死事件を機に火がついた民主化運動(6月抗争)を描いた映画「1987、ある闘いの真実」が9月8日から、東京・シネマート新宿ほか全国で公開される。強大な権力と市民の闘いがスリリングに描かれる。チャン・ジュナン監督は「見た人に、自分自身も歴史を作る主人公の一人であることを感じてほしい」と話している。

 87年1月。北朝鮮スパイを取り締まる警察の公安部門、通称「南営洞」による拷問で、ソウル大の男子学生が死亡する。全斗煥政権下で権勢を振るう南営洞の所長、パクはもみ消そうとするが、司法手続きを守ろうとする検事と衝突。それを新聞記者が察知し、拷問死は国民の知るところとなる。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです