メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 神戸の餃子(ギョーザ)といえば、みそダレが思い浮かぶ。JR元町駅東口の浜側に、2軒の老舗専門店「赤萬」と「ひょうたん」が背中合わせにあって、どちらもみそダレが評判の大変人気のある店だ。

 加えて山側に「餃子の古屋」がある。外観、内装とも白と赤に塗られたポップな餃子専門店。ネオンサインが目立っている。

 この店はトアロード東の北長狭通2丁目に1998年オープン。その後、南京町、トアロード山手、そして今の元町駅と3回移転している。20周年を迎えた型破りなスタイルのこの店もいつも満席である。「はやってる」という言い方がぴったりだ。そしていつの間にか、この「古屋」を手本とした餃子専門店が、トアロード周辺に集まるようになった。

 神戸の戦後スタイルのみそダレ餃子は、中国本国由来でも華僑がもたらしたものでもないというのも興味深い…

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文1833文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです