メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

濃い味、うす味、街のあじ。

ミナト神戸、進取の餃子

 神戸の餃子(ギョーザ)といえば、みそダレが思い浮かぶ。JR元町駅東口の浜側に、2軒の老舗専門店「赤萬」と「ひょうたん」が背中合わせにあって、どちらもみそダレが評判の大変人気のある店だ。

 加えて山側に「餃子の古屋」がある。外観、内装とも白と赤に塗られたポップな餃子専門店。ネオンサインが目立っている。

 この店はトアロード東の北長狭通2丁目に1998年オープン。その後、南京町、トアロード山手、そして今の元町駅と3回移転している。20周年を迎えた型破りなスタイルのこの店もいつも満席である。「はやってる」という言い方がぴったりだ。そしていつの間にか、この「古屋」を手本とした餃子専門店が、トアロード周辺に集まるようになった。

 神戸の戦後スタイルのみそダレ餃子は、中国本国由来でも華僑がもたらしたものでもないというのも興味深い…

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文1833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです