メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

来県 総裁選見据え、地方重視を強調 /富山

安倍晋三首相(中央右)に要望書を手渡す石井隆一富山県知事(同左)=富山市で、森野俊撮影

 自民党総裁選に出馬表明した安倍晋三首相が27日、富山市を訪れ、富山駅周辺の視察や党県連の党員研修会に出席した。研修会で安倍首相は「しっかり成長戦略を進める中で、地方がのびのび発展できる政治をしていきたい」と語り、来月20日投開票の総裁選を見据えて、地方重視の姿勢を強調した。

 富山駅に到着した安倍首相は、石井隆一知事や同市の森雅志市長の説明を受けながら、富山駅付近の交通開発事業の様子を視察。市内のホテルに移り、石井知事から北陸新幹線の整備促進や地方税財源の充実・確保などの要望書を受け取った。面会後、石井知事は報道陣に「北陸新幹線の大阪までの開通を2030年までに、とお願いし…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文727文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです