メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

城と館で見る都留の発展 出土物や絵図紹介 来月17日まで市博物館 /山梨

 都留市博物館「ミュージアム都留」(都留市上谷1)で企画展「都留の城と館-中世から近世へ-」が開かれている。郡内地方の政治・経済の中心地として栄えた都留市で発掘された出土物や絵図などを紹介している。9月17日まで。

 市教委が2005~09年に実施した「勝山城跡学術調査事業」の5カ年の成果をまとめて展示。勝山城は谷村城から桂川を隔てた川棚地域にあり、標高571メートルで「お城山」の名前で市民に親しまれている。

 市教委は、わらべ歌「ずいずいずっころばし」で歌われている「茶壺(ちゃつぼ)道中」で、夏季に茶を一時保管したといわれる「茶壺蔵」の存在を、勝山城の北尾根郭で調査した。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです