メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

婚活イベント

視覚障害者出会いの場 全国唯一 岐阜で /岐阜

 視覚障害のある男女の婚活イベント「かがり火2018」が26、27の2日間、岐阜市柳ケ瀬通6のホテル「グランヴェール岐山」であった。1962年から続くイベントで、今回で47回目となる。全国唯一とされる視覚障害者同士の出会いの場に、全国から参加者が集まった。

 社会福祉法人「岐阜アソシア」(岐阜市)が主催。今年は北海道から沖縄まで全国から、障害者42人、ボランティア約40人が参加した。

 初日は集合場所の岐阜駅からバスで移動。ホテルでは、自己紹介を済ませた後、一対一で異性全員と話す場が設けられた。その後、ボランティアの補助を受けながらビアガーデンでバーベキューを楽しんだ。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです