大阪北部地震

伊賀市、ブロック塀撤去に補助 補正案に1763万円 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三重県伊賀市が改修する方針の伊賀鉄道西大手駅のブロック塀=同市上野西大手町駅で、大西康裕撮影
三重県伊賀市が改修する方針の伊賀鉄道西大手駅のブロック塀=同市上野西大手町駅で、大西康裕撮影

 伊賀市は27日、6月の大阪北部地震でブロック塀が倒壊して犠牲者が出たことを受け、ブロック塀の所有者に撤去費用の半額(上限15万円)を補助すると発表した。市の施設で緊急に対策が必要と判断した塀などの撤去費のほか、補強費用や市営住宅の調査費などを含めた安全対策費1763万円を9月議会に提出する一般会計補正予算案に盛り込んだ。

 対策費のうち新制度の撤去費用補助金は150万円。対象は建築基準法施行令の規定(高さ2・2メートル以下など)を満たしてないブロック塀。市民の申請を受け、住宅課が補助制度の条件に合うか確認し、補助する。補助件数が増えれば、必要に応じて予算措置をするという。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集