メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵の宿・櫻林亭

日本の風情味わう 明治の邸宅→民泊施設に 桜井市の補助受け改修、来月開館 /奈良

冨田邸を改修した民泊施設「蔵の宿 桜林亭」=奈良県桜井市桜井で、山本和良撮影

 桜井市中心部の本町通り商店街の西側で、明治時代から受け継がれてきた材木商・冨田氏の迎賓邸宅を改修した民泊施設「蔵の宿 櫻(おう)林亭」が完成した。四季折々の風情を楽しめる日本庭園や本格的な茶室を備え、日本の伝統住宅の魅力を存分に味わえる造りになっている。9月1日にグランドオープンする。【山本和良】

 冨田邸には二つの大きな蔵があり、回廊のある座敷など数寄屋造りのたたずまいが残るが、30年ほど空き家状態だった。今回、桜井駅南口周辺を中心に地域活性化に取り組む都市再生推進法人「桜井まちづくり会社」が市の補助などを受け、約3600万円かけて改修した。

 施設は「松風」と「清風・櫻柏(おうはく)」に分かれている。松風は、入り母屋造りの風格ある玄関間を抜…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです