メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

「紀州柑橘農園 善兵衛」7代目代表 井上信太郎さん 田村みかんの輪、広げ /和歌山

ミカンの摘果作業を行う井上信太郎さん=和歌山県湯浅町田で、木原真希撮影

井上信太郎さん(26)

 有田みかんの最高級ブランド「田村みかん」を湯浅町の田地区で200年以上にわたりつくり続けている「紀州柑橘(かんきつ)農園 善兵衛(ぜんべえ)」。2年前、父栄次さん(54)から引き継ぎ、弱冠25歳で7代目の代表に就いた。ミカンの栽培に携わってまだ3年に満たないが、「田村みかん」のファンを全国に増やしている。

 田地区は人口が約1000人の小さな集落だが、ミカン農家は約130軒を数える。春にはミカンの花が甘酸…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです