メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

不妊手術問題 女性2人の資料、都城で見つかる /宮崎

 旧優生保護法(1948~96年)による不妊手術問題で、県は都城市の南部福祉こどもセンターで新たに女性2人の個人が特定できる資料が見つかったと発表した。氏名や生年月日、住所などが記されている。2人が実際に手術を受けたかは不明。7月に県文書センターなどで37人分の資料が見つかったことを受け、追加調査し…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです