メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

不妊手術問題 女性2人の資料、都城で見つかる /宮崎

 旧優生保護法(1948~96年)による不妊手術問題で、県は都城市の南部福祉こどもセンターで新たに女性2人の個人が特定できる資料が見つかったと発表した。氏名や生年月日、住所などが記されている。2人が実際に手術を受けたかは不明。7月に県文書センターなどで37人分の資料が見つかったことを受け、追加調査し…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです