メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

改憲丁寧に議論 石破氏公約発表 「スケジュールありきでない」

 石破氏は27日、国会内で記者会見し、総裁選に向けた公約を発表した。憲法改正については「他党との丁寧な議論」を重視する姿勢を明記。秋の臨時国会に自民党案を提出する構えを見せる安倍晋三首相(63)との違いを強調した。石破氏は改憲について「スケジュール感ありきと思っていない」と語った。衆参両院の憲法審査会における他党との合意形成や国民の理解を重視し、実現を急がない考えを改めて示した。

 石破氏は総裁選で当選した場合に実施するメニューとして「政治・行政の信頼回復100日プラン」を掲げた。首相官邸の信頼回復を重視した改革案で、会見では省庁の幹部人事を一元管理する内閣人事局について「運営方針を見直していく」と明言。「官邸主導の政策推進プロセスを透明化していかなければならない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

  4. 消えた家畜~技能実習生の闇 <上>「解体して食べた」 周辺住民が夏ごろから気付いていた「獣臭」

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです