メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

改憲丁寧に議論 石破氏公約発表 「スケジュールありきでない」

 石破氏は27日、国会内で記者会見し、総裁選に向けた公約を発表した。憲法改正については「他党との丁寧な議論」を重視する姿勢を明記。秋の臨時国会に自民党案を提出する構えを見せる安倍晋三首相(63)との違いを強調した。石破氏は改憲について「スケジュール感ありきと思っていない」と語った。衆参両院の憲法審査会における他党との合意形成や国民の理解を重視し、実現を急がない考えを改めて示した。

 石破氏は総裁選で当選した場合に実施するメニューとして「政治・行政の信頼回復100日プラン」を掲げた。首相官邸の信頼回復を重視した改革案で、会見では省庁の幹部人事を一元管理する内閣人事局について「運営方針を見直していく」と明言。「官邸主導の政策推進プロセスを透明化していかなければならない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです