メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

猛暑の夏の甲子園 効果的な熱中症対策を=安田光高(大阪運動部)

沖学園-北照戦で九回表の守備中に足がつった北照の岡崎翔太左翼手(左)=阪神甲子園球場で6日、津村豊和撮影

 21日閉幕した第100回全国高校野球選手権記念大会は大阪桐蔭(北大阪)が今春センバツ大会に続いて優勝し、史上初となる2度目の春夏連覇を達成した。入場者は16日間で101万5000人に達し、史上初めて100万人を超える大盛況だった。だが、残念だったことが一つある。猛暑の影響なのか、例年以上に試合中に足がつる選手が目立ち、試合にも影響を与えたことだ。酷暑の中で大会をどう開催すべきかを考えたい。

この記事は有料記事です。

残り1827文字(全文2024文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです