中国

配車サービス中、殺人 事件続発、一時業務停止

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【上海・工藤哲】中国の大手配車サービス「滴滴出行」は27日、利用した女性客が運転手に殺害される事件が24日に起きたことを受けてサービスを一時停止した。滴滴はスマートフォンで気軽に車を呼ぶことができるシステムで中国全土で利用が拡大しているが、5月にも同様の事件が起きており、同社の管理体制が激しい批判を浴びていた。

 中国メディアによると、女性客(20)は24日、友人の誕生日を祝うため中国東南部・浙江省の楽清市内から永嘉県に向かう途中、運転手の男(27)に人通りの少ない山道に連れて行かれた。女性は助けを求めるメッセージを友人に送り、友人も同社に7度通報したが、女性はその後、男に刃物で殺害された。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文456文字)

あわせて読みたい

注目の特集