メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

育児と企業

改革の現場から/上 職場に保育所、広がる 人手不足、女性採用の「切り札」 基準緩く「質」不安も

朝、手をつないで保育園に登園する親子=千葉県君津市の新日鉄住金君津製鉄所内「かずさみどりのもり保育園」で、今村茜撮影

 東京湾に面したふ頭に位置する新日鉄住金の君津製鉄所(千葉県君津市)。午前8時ごろ、高炉や煙突が立ち並ぶ広大な敷地の一角に、父親や母親に手を引かれた子どもたちが集まってきた。同社が昨年4月にオープンした「かずさみどりのもり保育園」の登園風景だ。

 製鉄所に勤務する社員の子どもたち28人が入所する。長女(2)を預ける同社の伊藤梓さん(29)は「職場に隣接しているので、送迎の時間がかからないのがうれしい」と語る。

 同社は大分県や北九州市内の製鉄所にも保育所を設置しており、今年10月には名古屋製鉄所(愛知県東海市)に4カ所目の開設を予定する。保育所の整備を急ぐ最大の理由が深刻な人手不足だ。

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです