メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

商社時代、牛肉売り込み奔走 ローソン社長・竹増貞信さん

2000年代、米国の関連会社の工場で、日本向けベーコンの品質について話し合う竹増さん(中央)=本人提供

店通いニーズつかむ

 石油など資源の取引が花形の三菱商事に1993年に入社、配属されたのは畜産部でした。輸入牛肉を売るのが仕事で、同期がニューヨークやロンドンなどに出張する中、僕の出張先は牛肉牧場があるオーストラリアの片田舎。仕事も事務作業ばかりでぱっとしない毎日でした。

 当時は牛肉輸入の自由化が始まったばかりで、食品メーカーなどがこぞって輸入し過当競争でした。三菱商事はオーストラリアの牧場で、穀物を食べさせて脂身のサシを入れた日本向けの軟らかい牛肉を生産。日本でしか売れない肉なのに輸入すると競争が激しくて捨て値でしか売れない。船賃などコストを差し引くと10億円以上の大赤字。他部署の同期から「お前なにやってんの」とあきれられました。

 入社3年目が終わるころ、赤字続きの輸入牛肉事業からの撤退が決定。牛肉チームも解散、牧場も閉鎖するこ…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1224文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです