メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転タクシー

営業実験 実用化へ期待と課題

一般客を乗せ公道に出る自動運転タクシー=東京都千代田区で27日午前9時8分、玉城達郎撮影

 東京都内で27日、自動運転車両を用いたタクシーの実証実験が始まった。東京五輪・パラリンピックが開催される2020年の実用化を見据え、各地で自動運転バスやタクシーの実証実験が活発化しているが、事故の責任を巡る法整備など課題も多い。

 タクシー大手の日の丸交通と、ロボットベンチャーのZMPが、東京都などの協力を得て実証実験を開始。初日の27日は、あらかじめ決められた大手町-六本木間の約5・3キロのコースを3往復し、公募で当選した乗客が利用した。料金は片道1500円。実際に客から運賃を徴収する自動運転タクシーの営業走行は世界で初めてという。

 車両には安全のため運転手と技術者が同乗したが、アクセルやハンドル、ブレーキはシステムが操作。車線変更や右左折、停止も自動で行われた。子どもらと乗車した豊島区の自営業男性(45)は、「車線変更なども思ったより自然で、自動運転と感じさせないほどだった」と乗り心地に満足そうだった。実験は9月8日まで。両社は、20年までの実用化を目指す。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. マスク補助ベルト、帯紐「水引」で鮮やかに 実用とデザイン備え 金沢

  4. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  5. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです