メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

対露新制裁によるルーブル減価=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 7月にフィンランドの首都ヘルシンキで米露首脳会談が開かれた。プーチン露大統領は終始上機嫌で、米露関係の好転への展望も語った。しかしトランプ米大統領が2016年の米大統領選挙へのロシア介入について実質上何も問いたださず、逆に自国の情報機関を批判した。これで共和党議員さえも大統領批判に回る。これを転機に、米国の対露制裁は新段階に入った。

 7月は1ドル=62ルーブル程度だったが、8月24日には67・4ルーブルまで下落した。8%程度の減価…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです