メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

線状降水帯

研究へ 災害予測に活用 文科省概算要求

 西日本豪雨の一因となった「線状降水帯」の発生条件を明らかにする研究を文部科学省が始める。各地域での土砂崩れや洪水による被害の予測につなげ、防災に活用するのが目標。2019年度予算の概算要求に関連経費を盛り込む。

 線状降水帯では発達した積乱雲が列になり長時間の雨を降らせる。台風に比べると比較的狭い地域で短い時間のうちに起こる現象のため、仕組みがよく分かっておらず…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです