社会人野球

日本選手権予選 東北 JR東日本東北、3年連続出場

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (27日)

 東北で代表決定戦を行い、JR東日本東北がきらやか銀行を5-1で破り、3年連続19回目の出場を決めた。JR東日本東北は先発の新人右腕・加藤が6安打1点に抑えた。きらやか銀行は4失策と守備のミスが響いた。

「力抜いてこそ」 新人加藤が好投

 投球の気配が変わったのは中盤だ。

 四回、きらやか銀行の建部に一発を浴び1点差に迫られた。JR東日本東北の先発・加藤がカーブを使い出したのは、そのあたり。

 序盤は速球が走らず、毎回走者を許した。要所はフォークボールで抑えていたが、不安定さは否めない。がらりと配球を変えると、きらやか銀行の勢いはうせていった。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文632文字)

あわせて読みたい