メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 アーティスティックスイミング・デュエット 新星ペア、逆転狙う

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 6月に結成したばかりのデュエットが27日のジャカルタ・アジア大会のテクニカルルーティン(TR)に登場した。切れ味のある脚技が光り、90・2363点で中国に次いで2位。井村雅代ヘッドコーチは「これからはこのデュエットで戦うというアピールをしたい」と期待した。中国は井村ヘッドコーチが指揮を執っていた時の双子のデュエットだ。TRとの合計点で争う28日のフリールーティン(FR)に向け乾は「強い気持ちを持って臨む」と意気込む。

 6月、井村ヘッドコーチは大きな決断をした。主将の乾とペアを組んでいた中牧佳南から吉田に入れ替えた。「2020年東京五輪を考え、長い目で見るとこの選択しかなかった」と胸の内を語る。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです