メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Suka!ジャカルタ

アジア大会 空手男子組手60キロ級=ラオス ポンパッサー・ラッサーシマー(23)

=徳野仁子撮影

「大和魂」胸に、初勝利

 東南アジア最後の秘境と呼ばれ、仏教が盛んなラオスは「今を幸せに思え」がモットー。平和を好む優しい国民性に、日本人ボランティアの原泰富さん(62)が空手の技術と大和魂を注入して、初出場のアジア大会で初勝利をあげた。

 26日の1回戦。開始43秒でイエメンの選手の腰に全力で突きを決めて先制。相手にポイントを与えずに勝った。2回戦は動きの鋭いマレーシア選手と残り1分を過ぎて0-4。最後まで逆転を狙いポイントの大きい蹴り技を出し続けた。敗れたものの意地を見せた。

 10歳で空手を始めた。日本人の指導者が長く不在で、原さんが昨年6月に初めて出会ったときは「相手が強…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです