メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

番付発表 御嶽海、大関取りへ

 日本相撲協会は27日、大相撲秋場所(9月9日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表し、7月の名古屋場所で初優勝した御嶽海が東関脇に就いた。小結だった夏場所で9勝、西関脇の先場所に13勝を挙げた御嶽海は初の大関取りに挑む。大関昇進の目安は「三役で直近3場所33勝」とされており、2桁以上の白星が必要になる。

 3横綱は4場所連続で同じ序列になった。8場所連続休場中で秋場所に進退をかける考えを示している稀勢の…

この記事は有料記事です。

残り2515文字(全文2718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです