メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 3年前の天皇杯全日本選手権4回戦でのこと。延長戦の末、柏に敗れた甲府の佐久間悟監督(現ゼネラルマネジャー)が、自嘲気味に発した言葉に、思わず感心した。

 「ボールを持った時が最大のピンチ。数的優位はディスアドバンテージ(不利)」

 なぜ感心したかというと、主導権を握って攻め切ることの難しさと危険性について、言い得て妙の表現だったからだ。

 柏に退場者が出て、甲府は延長戦を11人対10人で戦った。通常ならば1人多い甲府が有利。しかし、甲府…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文822文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです