メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 3年前の天皇杯全日本選手権4回戦でのこと。延長戦の末、柏に敗れた甲府の佐久間悟監督(現ゼネラルマネジャー)が、自嘲気味に発した言葉に、思わず感心した。

 「ボールを持った時が最大のピンチ。数的優位はディスアドバンテージ(不利)」

 なぜ感心したかというと、主導権を握って攻め切ることの難しさと危険性について、言い得て妙の表現だったからだ。

 柏に退場者が出て、甲府は延長戦を11人対10人で戦った。通常ならば1人多い甲府が有利。しかし、甲府…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文822文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです