メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さくらももこさん死去

「現代の清少納言」

 少し引いた視点で物語を構成するうまさは、さながら「現代の清少納言」--。漫画家さくらももこさんは、そのほんわかとした画風、思い出し笑いを誘うようなセンスが光る、表現力豊かな作家だった。

 1986年に連載が始まった「ちびまる子ちゃん」の主人公まる子は、朝寝坊で忘れ物が多く、怠け者でお調子者。その姿は「休み時間や放課後に、友達と遊ぶのが大好きだった」という、さくらさんそのものだ。彼女の才能が花開くきっかけとなったのは、物の見方や文章力だった。

 さくらさんは高校生の頃から少女漫画誌に恋愛漫画の投稿をしていたが、評価を得られなかった。そんな中、…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです