メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐路の風景

「ご当地キャラ」ブーム 「ひこにゃん」が火付け、津々浦々に誕生 地域の誇り浴び大成

ひこにゃんブームの仕掛け人、PRプロデューサーの殿村美樹さん。「地方にはまだまだ魅力があふれている」と話す=大阪市中央区で、花澤茂人撮影

 全国どこに行っても、その地ゆかりのご当地キャラクターと出会う。地域PRの場でこうした「ゆるキャラ」が活躍するようになったのは、2007年に滋賀県彦根市で開かれた「国宝・彦根城築城400年祭」のイメージキャラクター「ひこにゃん」がきっかけだ。仕掛け人となったPRプロデューサー、殿村美樹さん(57)は「ブームが一つの文化になった」と振り返る。【花澤茂人】

 「最初にお話を聞いた時は頭を抱えました」。殿村さんが「400年祭に人を呼んでほしい」と滋賀県から依…

この記事は有料記事です。

残り1777文字(全文2004文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです