メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ問題

国連調査団ミャンマー非難…ICC付託を

 【バンコク西脇真一】国連人権理事会の国際調査団は27日、ミャンマー西部ラカイン州の少数派イスラム教徒ロヒンギャの迫害などに関する報告書を発表した。ミャンマーの人権状況について国際刑事裁判所(ICC)に付託するか特別国際法廷を設置することや、ミンアウンフライン国軍最高司令官ら6人の軍司令官に対する捜査や訴追を求めた。

 報告書は、国軍や治安部隊がラカイン州でのロヒンギャの大量虐殺だけでなく、北部カチン州や北東部シャン…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです