メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵庫・加西

ダンスで自立支援 障害者向けに無償指導

指導しながら参加者とダンスする阿部さん(右から2人目)=兵庫県三木市で、待鳥航志撮影

 兵庫県加西市の阿部裕彦さん(44)は、ヒップホップダンスを通して障害者の自立支援に取り組む。きっかけは息を引き取る直前まで、下半身不随の妹(41)の将来に気をもむ母の姿だった。母の死が、障害者と距離を置いていた自分を直視させてくれた。「ずっと遠ざけてきたことに向き合おう」と決心し、好きなダンスで障害者の可能性を広げようとしている。【待鳥航志】

 2人きょうだいの妹は、脊椎(せきつい)の一部が形成されない先天性の「二分脊椎症」。妹は療育施設に入…

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです